小林歯科医院

世田谷区桜新町の歯科医院 小林歯科医院 月2回の日曜診療も

診療メニュー

HOME»  歯科一般治療

歯科一般治療

歯内治療

歯内治療

 

歯の内側(内部)の治療を歯内療法といいます。 歯の内部には神経や血管など(歯髄)があります。 虫歯が進行すると歯髄に炎症が起き、さらにこれを放置し続けると歯髄は活性を失います。 その結果炎症は根の先にまで波及していきます。

歯内療法には以下のものがあります。
・抜髄処置(炎症を起こした歯髄を除去)
・感染根管治療(活性を失った歯髄を除去すると共に、 根の外側にある炎症を取り除く)

 

保存修復

保存修復治療・・虫歯や破折などによって部分的に欠けたり穴になった箇所を金属や、コンポジットレジン、ポーセレンなどを用いて修復する治療。

 

保存修復

 

保存修復

 

欠損補綴(入れ歯・ブリッジ)

欠損補綴治療・・虫歯や歯周病、外傷などによって失われた歯を入れ歯(部分義歯、総義歯)やブリッジなどによって機能障害を改善したり審美性を回復する治療。

 

欠損補綴(入れ歯・ブリッジ)

 

欠損補綴(入れ歯・ブリッジ)

 

歯周病治療

歯周病は歯の周りにつくプラーク:歯垢(細菌の塊り)によっておこる文字通り,「歯の周りの病気」です。歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎と、歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎の分けられます。世間一般で言われている歯槽膿漏は、成人性歯周炎をいいますが歯周病には、その症状、病態によっていろいろな種類があります。

 

歯周病の治療法について

まず,綿密な診査を行って,歯周病の実態をつかみ,原因を明確にし除去していく原因除去療法が基本です。初診時には,プラークの付着状態,ポケットの深さ,歯槽骨の吸収程度,歯の動揺,歯肉の炎症状態,咬合状態を診査します。それをもとに診査結果,処置内容を具体的にお話し,治療に対し理解と同意が得られた方のみ治療を開始します。

 

歯周病の治療法について

 

歯周病の治療法について

 

小児歯科

こどもの虫歯予防・虫歯治療・歯ならびの治療そして歯周病の予防と治療などをおこないます。こどもの歯とあごの正常な成長と発達をうながし、将来予測される歯の問題を未然にふせぎながら、子供の成長にあわせて最善の治療をおこないます。(シーラント予防など)

 

シーラント施術前

シーラント施術前

 

シーラント施術後

シーラント施術後

 

口腔外科

口腔外科

 

口腔外科は歯・歯肉・舌・口唇・口腔粘膜・顎骨・顎関節などの口腔領域の病気や外傷を治療する専門の科です。治療内容は抜歯・外傷・炎症・嚢胞・口腔腫瘍・顎関節症・全身疾患のある患者さんの歯科治療などです。

 

  1. 抜歯
  2. 炎症 (骨膜炎・骨髄炎)
  3. 外傷(歯の破折、唇や舌の裂傷、顎の骨折)
  4. 嚢胞(膿の袋)
  5. 口腔粘膜疾患(口内炎、舌痛症など)
  6. 顎関節症 (口が開かない、顎関節痛)
  7. 口腔腫瘍
  8. 全身疾患のある患者さんの歯科治療 など

 

診療メニュー

 

 

 

 

 

 

診療のご予約・ご質問

ご予約・お問い合わせはこちら TEL:03-3701-4775